人工木のウッドデッキ【レストステージ施工事例】

ご覧いただきありがとうございます 神奈川県 二宮町を拠点にスタイルを取り入れた空間へのデザインリフォーム、リノベーションやオーダー家具制作を行うitsukiのブログです


ウッドデッキの施工事例の紹介です


お家の外回りの事は新築時に後回しにしてしまいがちなので住み始めてから考える方も多くいるかと思います

そんな外回りの工事の中でも特にウッドデッキは


「リビングと庭をつなげたい」

「バーベキューがしたい」

「子供の遊び場が欲しい」


など特に「やっぱり欲しいな〜」と思う方が多いようです

今回ご依頼いただいたのもその様な理由からでした

駐車場と段差のあるリビングの掃出し窓

小さなお子様を外で少し遊ばせるにも都度玄関から出る必要がありました

車を停めるスペースにも余裕があったのでこの掃出し窓の前にウッドデッキを作りお子様がリビングからの延長で少し遊べる場所として、段差を解消して安心して外に出れるようにと工事をご依頼いただきました

ウッドデッキを検討する際に「天然木」か「人工木」で悩まれる方は多いかと思います

今回施工したのはLIXILのレストステージという商品で比較的安価で検討できる「人工木」のウッドデッキになります


人工木のウッドデッキの良いところは下記の通りです


・長く安心して使える

湿気で腐ったり、シロアリの食害の心配がない事は人工木を選ぶ大きなメリットのひとつです

・簡単なメンテナンス

水洗いで簡単に汚れが落ち、塗装などの定期的なメンテナンスが必要がありません

・人工とは言っても温もりのある質感

表層部には天然の木粉を配合しているので温もりのあるナチュラルな木質感になっています

また、今回採用したLIXIL レストステージは芯材部が100%リサイクル素材の廃プラスチックと木粉を使用していてホルムアルデヒドを含む素材が使用されていないのでお子様やペットも安心な環境配慮型素材です


デメリットをあげるとすれば


・表面温度が外気に影響されやすい

夏場日当たりのいいところだと表面が熱くなり、冬場は冷たくなりやすいです

濡れる事で滑りやすくなる

人工木材はほとんど水を吸いません。雨などで濡れたデッキは滑りやすくなります

になります

ただ、素足でのウッドデッキの利用は天然木のハードウッドも経年によるささくれなどを考えると推奨は出来ないので履物を使用する前提で言えば大きなデメリットではありません


ただ「天然木」はやはり「天然木」にしかない良い部分があるので使い方、環境、費用そして自身の好みで選びましょう


施工前に提案したイメージがこちらです

駐車スペースを考慮したちょっとしたウッドデッキのシンプルなプランです

このくらいの広さのデッキの場合施工は1日で完了します

完成がこちらです

掃出し窓からそのまま出れる高さのデッキに手摺、段差解消のステップを設けたので安心してお子様の出入りを見守る事ができます

質感も良いですね

【仕様】

LIXIL レストステージ 幕板仕様 色:クリエダーク

手摺:フラットラインフェンス

ありがとうございました♪


次の記事もお楽しみに

-----------------------------------

リフォームやオーダー家具のお問い合わせはこちらから

↓↓↓

Mail: info@itsuki-lifestyle.com

TEL: 050-5316-5334