窓枠はどうする?【全体のイメージと合わせたい】

ご覧いただきありがとうございます 神奈川県 二宮町を拠点にスタイルを取り入れた空間へのデザインリフォーム、リノベーションや オーダー家具制作を行うitsukiのブログです

こんばんは

今日は窓枠について

窓枠とは窓の周囲、室内側に取り付ける部材で

サッシ本体の枠の部分と壁を区切る部材の事です

物件によってはクロスで巻き込んで仕上げている場合もありますが

大抵は四方ぐるっとついています

素材は木材かMDFなどに木目のシートを巻いた建材が多いです

リフォームを行う際、この窓枠が既存のままだと全体のイメージと合わない事があります

しかし、この窓枠を新しいものに変えるとなると工事の範囲が広がり

意外と手間の掛かる工事になる事があります

なのでリフォームで窓枠自体は変えずに

「綺麗にしたい」「イメージを変えたい」場合は以下の通りいくつか方法があります

①塗装する

→一番シンプルにイメージを変えれる方法かもしれません。ただ、元の塗装によっては塗装色や塗装方法が限られてしまう事や、素材がシート貼りの建材の場合はそもそも塗装が困難な場合もあるので注意が必要です。

②リフォーム用の窓枠を使う

→カバー工法(既存の窓枠に新しい窓枠をかぶせる方法)のリフォーム用窓枠が様々なメーカーから出ています。色もメーカーにより豊富にあるのでお好みのものがあればいいかもしれません。ただ、商品によってはカバー工法の為窓枠が太く見えあまりすっきりしてないものがあったり、全ての窓の形状、枠の大きさに対応していないので注意が必要です。

③シート貼りをする

→適切な下地処理を行えば下地を選ばないので①と②で難しい窓枠でも対応が出来る場合が多いです。また、シートはかなり豊富に種類がある事、厚みも薄いので見た目も既存と変わらない為、①と②のデメリットもカバー出来る方法かもしれません。

注意点としては施工費が若干割高になる事と、窓枠周囲のクロスを張り替えないリフォームでは納まりが悪く剥がれやすくなるのでオススメしない事です。

今回リフォームを行っている現場で和室→洋室のリフォームがあり

③のシート貼りの方法で窓枠を刷新しました

和室→洋室の場合は窓枠に障子の溝があり、

それを綺麗に隠したい事もあったので今回はシート貼りとしました

その和室の窓枠は既存で残る窓枠と同じイメージにしたかったので

既存で残る窓枠に近そうなシートのサンプルを取りました

窓枠の樹種と近い木目の樹種名のシートがあったので

それを取ったらほぼ一緒ですぐ決まりました(^^)

そしていざ施工

シート貼り前の窓枠はこんな感じです

障子の溝は薄い木材で塞ぎました

そして選んだシートを貼った状態がこちら

縦枠のみ貼った状態の時の写真ですが綺麗に貼れてます!

横枠も貼り仕上がったら洋室に合う窓枠になりそうですね(^o^)

次の記事もお楽しみに♪

-----------------------------------

リフォームやオーダー家具のお問い合わせはこちらから

↓↓↓

Mail: info@itsuki-lifestyle.com

TEL: 050-5316-5334

#リフォーム #現場の様子