使える「古い」はひと手間を

October 31, 2016

いつもありがとう御座います

湘南建築相談室itsukiの【現場監督が見てきた本当にいい住まいの作り方ブログ】です

私たちにしか出来ない現場作りとスタイルがあります

神奈川県の湘南地区を中心にそれぞれのライフスタイルに寄り添ったリフォーム、リノベーションの施工監理や家具制作などを行う住まい作りのサポートサービスです

 

出ました
解体工事の現場で引きあげてきた照明器具です

 

ステンドグラスが使われた外用のブラケット灯

 真鍮が使われガラスの形が特徴的なペンダントライトです

めちゃくちゃカッコイイですこのノスタルジックな感じ
古いデザインなのでしょうがすごい素敵ですよね!!こういうの大好きです

 

これをそのまま捨ててしまうなんて出来ないですよね
磨いて、配線をやり直し、使えるようにします^^

 

何事もそうですが使えるものは簡単に捨てず再利用を考えます
木材、建具や金物等、器具などなど

しかしなんでもそのまま使う訳にはいきません!

 

こういった器具の場合は清掃はもちろん動作不良などのチェックが必要です
建具や金物についても同様です

 

木材については数年前から足場板を代表に『古材』『古木』と言われている経年変化し味のある風合いになった木材が注目されています
しかしこれらも使用には注意が必要です

 

一般的に流通しているものは手の加えられているものもありますが
解体現場などで出た木材は用途と使用箇所によって様々なチェックが必要です
虫がいないか、腐りはないか、狂いがないか、乾燥しているか、ヤニだまりはないかなどなど

 

私たちは古材を使用する際は必ず用途に合わせて適した材料を選定しますのでご安心ください
大工さんの知識も借りながら木材の使用方法や加工方法には細心の注意を払っています

 

こういった話の流れで大工さんと新しい木材から安心して使える古材を作る(育てる)なんて事も少し考えたりしています

木材の豆知識なんかもブログで紹介したら面白いかもですね♪


最初に紹介した素敵な照明、付けてほしいという方はお気軽にお問い合わせください^^

 

次の記事もお楽しみに~

 

次の記事もお楽しみに~

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

バーンウッドを使ったテレビボード【制作事例】

September 10, 2018

1/9
Please reload

最新記事