カフェ風インテリアを楽しむ【黒板】

December 7, 2016

いつもありがとう御座います
湘南建築相談室itsukiの【現場監督が見てきた本当にいい住まいの作り方ブログ】です
神奈川県 湘南地区でシャビー×インダストリアル、カフェ風、ブルックリンスタイルを取り入れた空間へのリフォーム、リノベーションや
家具、雑貨制作を行う住まい作りのサポートサービスです

 

こんばんは
今日は【黒板】について

 

黒板はカフェ風インテリアを引き立てるのにバッチリのアイテムです
今ではDIYで取り入れている方もたくさんいらっしゃると思います

 

工事でも希望される方が多く、何度か施工させていただいた経験があります
もちろんオフィスにも取り入れています

 

そして現在は様々な商品が出ており

施工方法も様々ですので紹介したいと思います

 

黒板塗料
→建築工事ですと一般的に取り入れられている方法かと思います。
石膏ボードやベニヤに適切な下地処理を行い、そこに塗る事により黒板となります。
油性と水性がありますがDIYで扱うなら耐久性は劣りますが水性がオススメです。


黒板塗料(スプレータイプ)
→ローラーやハケに比べムラなどを気にする事なく簡単に塗装できます。

DIYの場合は特に広い面などを塗る場合に重宝しそうです。
しかし養生や換気には要注意です。

 

黒板クロス
→今はこんなものもあります。黒板になっている壁紙です。
取り扱ってみるまでどんなものか心配でしたが一度採用させていただいたところ、
とてもしっかりしていてジョイント(クロス同士の継ぎ目)も気になりませんでした。
子供部屋に取り入れ成長に合わせて普通の壁紙へ張り替えたり、
復旧のある賃貸物件では塗装に比べ安価で黒板を取り入れる事が出来るのでオススメです。

 

黒板シート
→今は100均などにもありますね。
クロス同様取り入れが容易なのが良い点です。家具の扉や一部に取り入れる際にオススメです。

 

インテリア黒板
→今は様々なサイズやデザインされたものが販売されています。

施工なく取り入れられるのが一番のポイントです。
フックを付けたりしてDIYで雑貨などを作る際や、お店の看板などにもオススメです。

 

番外編【磁石はくっつくの?】
→塗装の工法を選ぶことで磁石のくっつく黒板の壁を作る事も可能です。
マグネット塗料を黒板塗料施工前に塗る事で磁石のつく黒板となります。
しかしマグネット塗料が高価な事、また複数回の塗りが必要で乾燥時間も重要になるので施工費は少し高くなってしまうのがデメリットです。

 

黒板はカフェ風のイメージがありますが
アンティーク調のインテリアや北欧風のインテリアにも実はバッチリです!
色も様々なのでそれぞれのスタイルに合わせた取り入れが可能です

 

取り入れの方法が増えている事は分かりましたが皆様がもう一つ悩まれる事があります
それは「なにを描くか」です(笑)

 

でも心配いりません!!
そう黒板は描き直しが出来るのです
法則として「Coffee」などカフェメニューを描くとそれっぽく小洒落ます(笑)

部屋のアクセントに、キッチンの扉など家具の一部に

皆様取り入れを検討してみてはいかがでしょうか

 

次の記事もお楽しみに

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

バーンウッドを使ったテレビボード【制作事例】

September 10, 2018

1/9
Please reload

最新記事