リサイクル、そしてアップサイクル【WoodLoversページの紹介】

May 22, 2018

ご覧いただきありがとうございます
神奈川県大磯町を拠点にスタイルを取り入れた空間へのデザインリフォーム、リノベーションや

オーダー家具制作を行うitsukiのブログです

 

こんばんは

ホームページリニューアルにて追加しました

 

【WoodLovers】のページ
→ページを見る

 

​このページではクラフト市への出店や

古材・廃材利用への​取り組みについて紹介しています
※itsukiのそんな取り組みを【WoodLovers】と名付けました

itsukiではクラフト市で出品する商品の制作に使用する材料は
建築廃材や古材、工事・制作で発生する端材、
捨てられる家具を解体した部材などがほとんどです

 

限られた地球の資源、
時代が進むとともに常に真剣に考えていかなければならない環境問題

 

従来のリサイクルに加え近年「アップサイクル」が注目を浴びています

…「アップサイクル」とは、サスティナブル(持続可能)なものづくりの新たな方法論のひとつである。 従来から行なわれてきたリサイクル(再循環)とは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを、最終的な目的とする。

 

主に木材を扱う建築に携わる立場としては廃材の問題は切っても切り離せない話です
逆に建築に携わる事はリサイクルはもちろん

アップサイクルに積極的に取り組める立場という事でもあります

 

そして私は幸いな事に過去にお世話になった方から
廃材の魅力や廃材利用について教えていただいた事があります

 

こうなればやるしかないですよね

 

その経験を活かし古材や廃材、端材の利用に取り組み、イベント出店を行っています

 

加工に手間が掛かる事は事実ですし、使える部分も限られてきます
しかしその分釘穴や傷跡など廃材や古材を利用した作品は
それぞれ同じ表情のものはなく雰囲気のある仕上がりとなります​
※一例

古材を利用したフォトフレーム

端材を組み合わせたサボテンオブジェ

 

そして現場でも同じように可能な範囲で再利用を心掛けています
例えば前回の記事で紹介したマンションのプチリフォーム

 

こちらで制作した壁面の埋め込み収納は
取り外した既存の収納のガラス扉とガラス棚を再利用しました

こちらの再利用の提案をお客様の快く承諾しただいたお陰で
制作にかかるコストや時間の削減、ゴミの削減ができ
お客様としてもitsukiとしてもメリットがありました

 

まだまだ模索中ですが今後も自分にどういった事が出来るか考えて
ご提案させていただく事があると思いますが是非ご協力お願いします\(^o^)/

 

また「捨てる家具で新しく何かを作ってほしい!」や

「家を壊すから廃材で思い出になるものを作って!」
 

そんなご提案もお待ちしております♪

 

次の記事もお楽しみに

 

リフォームやオーダー家具のお問い合わせはこちらから
↓↓↓
Mail: info@itsuki-lifestyle.com
TEL: 050-5316-5334

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

少し狭く感じていた3つの理由【別荘リノベーション~リビングダイニング編~】

February 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事