itsukiだけでは完成出来ませんでした【オーダー品制作事例】

February 20, 2020

ご覧いただきありがとうございます
神奈川県 二宮町を拠点にスタイルを取り入れた空間へのデザインリフォーム、リノベーションや
オーダー家具制作を行うitsukiのブログです

 

こんばんは

オーダー品の制作事例の紹介です

 

今回は企業さまからのご依頼で
新製品発表会に使用する為の備品を制作いたしました

 

制作したのは
エントランスに置くA型看板、ブランドサイン用のウッドボード(大,小)
装飾用のフラワーボックス、カード立て
の4種です

 

デザインや使用する材料はお任せいただきました
とはいえ用途やだいたいの大きさなどをお打合せし、
図面でご確認いただいてから制作に入りました

 

また、材料は廃材がご希望との事でitsukiで保有していた
古材や端材を使用させていただきました

 

というのもご依頼いただいたのは
1921年にスイスで創設され、間もなく100年を迎えるブランド

 

ナチュラルオーガニックコスメ”WELEDA”さま

→https://www.weleda.jp/

 

itsukiの建築廃材や古材を取り入れた作品や活動をご覧いただき
WELEDAさまのブランドのコンセプト”サステナブル・循環”と合致する
という事でご連絡をいただきました

 

僕も建築廃材や古材などを使用する事、サステナブル・循環について
過去にお世話になった方より学び、その影響で積極的に取り入れています

 

同じ考えを持った人同士がこの様に繋がり
また僕の様に新たに影響を受けその考えが広がる
とても嬉しいですね(#^^#)

 

さぁそんな流れでスタートした制作ですが
それぞれ完成を紹介します

 

◆A型看板

鋸目の残った材を使用しブライワックスで仕上げました

 

◆ブランドサイン用のウッドボード

こちらは足場板を使用しブライワックスで仕上げました
足場板ならではの傷や浮き出た木目がとても良い感じです

 

◆フラワーボックス

こちらも足場板を使用しブライワックスで仕上げました
今回はイベント用の備品としての制作ですが
スタッキングも出来るので実用性もあると思います

 

◆カード立て

こちらは古材を使用しブライワックスで仕上げました
角材にカードなどを差し込むスリットがあるだけのシンプルなタイプです

 

これでitsukiは制作完了になります
今回初めての取り組みでこの制作品にプロのレタリングアーティストの方が
ブランドサインをレタリングして完成となります


どんな感じに出来るのかドキドキでした♪

 

そして先日、無事新製品発表会が終わりましたという事で
WELEDAさまより発表会の写真を送っていただきましたよ

まるで自分で作ったモノではないかのよう!!
手描きでこんな綺麗に書いてもらい感動しました
そして会場の装飾もとても素敵です

 

レタリングと装飾の力でitsukiの制作品だけでは出来なかった
新しい表現を感じる事ができました

 

リフォームは工事中は職人さんがいてこそ、
そしてお引渡し後はそこで生活してもらってこそ、
家具や制作品は使ってもらってこそ、

 

全て共通ですが自分の力だけではなく皆様に支えられてこそ
こういった嬉しい気持ちになれるんだなと実感致しました(#^^#)

 

そしてお手紙とともにWELEDAさまの商品までいただいてしまいました(T_T)
大切に使わせていただきます

ありがとうございました!!

次の記事もお楽しみに(#^^#)
-----------------------------------
リフォームやオーダー家具のお問い合わせはこちらから
↓↓↓
Mail: info@itsuki-lifestyle.com
TEL: 050-5316-5334

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事